Liberoba/リベロバロゴ

Liberoba(リベロバ)写真Liberoba-リベロバ


 自由な(Liber)音楽を奏でるをコンセプトに結成されたユニット『リベロバ』

  風景が見えるようなピアノと評されデビュー以来30枚以上のCDをリリースし続けるピアノの中村由利子。そして癒しと情熱を奏で続けるチェロの植草ひろみ。

  ピアソラから中村のオリジナル曲そしてアンドレ・ギャニオンまで、ジャンルにとらわれることなく、中村と植草の魅力を最大限に引き出すユニットです。

このページのトップへ↑

 

中村由利子写真中村由利子(作曲家・ピアニスト)

 幼い頃から雨音や絵本などにインスピレーションを受けて作曲を始め、フェリス女学院短期大学音楽科ではピアノを専攻。中田喜直氏にも師事。作曲家としての道を目指す中、自作曲を演奏するニューエイジミュージックのアーティストとして1987年にデビュー。「風景が見えるピアノ」と評され、類い稀なるメロディーセンスと包み込むようなピアノタッチで幅広い層に支持される。
 自己のアルバムとユニット&サントラも含め、30枚以上のアルバムをリリース、海外でも発売される。特に韓国では人気が高く、13枚のアルバムリリースや、ドラマ、CMへも楽曲提供をおこなっている。
 多方面のクリエイターからの支持も厚く、金子修介監督、宮崎駿監督、写真家・秋山庄太郎氏、前田真三氏らの映像作品にも関わっている。TOKYO FM「ジェットストリーム」のテーマや、最近ではNHK-BS プレミアムのドラマ「おそろし」の音楽担当など放送メディアでも活躍。
 現在はUSENのオフィス向けチャンネルの作曲・演奏も担当。集中力を高め、労働環境を良好にするため企画されたチャンネルで、2013年2月からスタートし好評を得ている。
 コンサートも数多くおこなっており、その場でお題を頂いての即興演奏「イメージリクエスト」のコーナーも人気がある。また、安田祥子、白鳥英美子、細坪基佳など、実力派シンガーとのステージや、紺野美沙子との朗読公演など、多彩なコラボレーションも積極的におこない、持ち前の明るさと音楽センスを活かしながら常に表現の幅を広げ続けている。
 オフィシャル・サイト:http://yurikopia.com/
 ブログ:http://ameblo.jp/yurimelo3363/

このページのトップへ↑

 

植草ひろみ写真植草ひろみ(チェリスト)

 11歳からチェロを始め、東京藝術大学附属音楽高校を経て同大学に進む。在学中にジャズピアニスト高瀬アキ氏のライブに参加し、アストル・ピアソラの音楽に出会う。
 卒業と同時に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団、10年間、多彩なプログラムと小澤征爾氏、ロストロポーヴィッチ氏などの音楽に大きな影響を受けた。在団中の2年は米国に留学をし、リサイタルや音楽祭参加などで研鑽を積んだ。
 退団後、ピアソラ曲集のCD『Cafe 1930』をロサンゼルスで録音、オペラシティリサイタルホールでCD発売コンサートを行い好評を博した。このCDを携え、ピアソラの親友でチェリストのホセ・ブラガート氏をブエノスアイレスに訪ねた。その時同氏からピアソラ音楽の薫陶を受け、多くの楽譜を戴き日本に持ち帰った。
 国内外のアーティストからの信頼も厚く、アンドレ・ギャニオン氏の日本公演、髙橋キヨシ氏のNYカーネギーホール公演、久石譲氏と9人のチェリストによるコンサートツアー(『a Wish to the Moon』というDVDが発売)、中村雅俊氏の40周年記念アルバム『ワスレナイ』に収録の“花は咲く”ではフィーチャーチェリストとして、また江原啓之氏のリサイタルやディナーショーなどに参加している。
 自身2枚目のCD『いつかの美しい日のように』は、“ぶらあぼ”“レコード芸術”各紙より高い評価を得た。またハープの早川りさこ氏とのライブアルバム『The Song of the Heart』がe-onkyoよりハイレゾ音源でのダウンロード販売が開始されている。
 癒しと情熱を奏でるチェリストとして幅広い活動を展開している。
 オフィシャル・サイト:http://www.U1.sokei.co.jp/Hiromi/

このページのトップへ↑