Liberoba/リベロバロゴ

Liberoba(リベロバ)写真Liberoba-リベロバ


 自由な(Liber)音楽を奏でるをコンセプトに結成されたユニット『リベロバ』

  風景が見えるようなピアノと評されデビュー以来30枚以上のCDをリリースし続けるピアノの中村由利子。そして癒しと情熱を奏で続けるチェロの植草ひろみ。

  ピアソラから中村のオリジナル曲そしてアンドレ・ギャニオンまで、ジャンルにとらわれることなく、中村と植草の魅力を最大限に引き出すユニットです。

このページのトップへ↑

 

中村由利子写真中村由利子(作曲家/ピアニスト)

 1987年のデビュー以来、幅広い層に支持され続けている作曲家・ピアニスト。
 雨音や絵本などにインスピレーションを受けて作曲を始めたのは幼少期。
 13歳の時に横浜市の作曲コンクールに入賞。フェリス女学院短期大学音楽科・ピアノ科を卒業後、数々の音楽活動を経て、自作曲を集めたアルバム「風の鏡」でデビュー。多くのショップでベストセラーを記録した。以来ニューエイジミュージックの代表的なメロディーメーカーとして人気を博し、サントラやユニットを合わせ40枚を超えるアルバムを国内外でリリース。


 「風景が見えるようなピアノ」と評され、映画監督や画家など各界クリエイターからの支持も厚い。ドラマ&映画(金子修介監督作品/「1999年の夏休み」「百年の時計」「こいのわ」NHK-BSプレミアムドラマ「おそろし」など)、 アニメ(宮崎駿監督作品/三鷹の森ジブリ美術館オリジナル短編アニメーション「星をかった日」)、写真家・秋山庄太郎氏、前田真三氏の映像作品、TOKYO-FM「ジェットストリーム」のテーマ曲など様々なメディアにも楽曲を提供し、これまでに約2000曲を作曲。また日本人で初めて韓国ドラマへ楽曲を提供、アルバムリリースのほか韓国各地で公演も数多く行う。


 2012年からUSENのオフィス向けのチャンネル「Concentration〜働く人の集中力アップ」への楽曲提供がスタート。2015年には、陸前高田の修復された被災オルガンを東京国立博物館で演奏。そのCDを作詞家・松井五郎氏との共同プロデュースでリリースし、被災文化財保護の活動にも携わる。その他にも、絵本作家・ターシャ・テューダーの生誕100年を記念したアルバム制作、世界最高解像度のオーロラ映像の音楽担当、アートのコラボ、ギャラリーや美術館でのライブ、紺野美沙子との朗読公演、白鳥英美子とのジョイントコンサートなど、ジャンルを超えた様々なコラボレーション企画も好評を博す。


 2018年にはブラジルの鑑賞団体SESCの招聘によりサンパウロとヘジストロで公演。同年、岩井俊二監督初の中国映画「チィファの手紙」で演奏を担当。


 コンサートでは、お客様から頂くお題で即興演奏をするコーナー「イメージリクエスト」も人気が高く、瞬時にピアノで表現する様が驚きと感動を生んでいる。そのメロディーセンスと心に響く透明なピアノタッチで活動の幅を広げ、多くのファンの心をつかんでいる。(2019年2月現在)


 オフィシャル・サイト:https://yurikopia.com/
 ブログ:http://ameblo.jp/yurimelo3363/

このページのトップへ↑

 

植草ひろみ写真植草ひろみ(チェリスト)

 11歳からチェロを始め、東京藝術大学附属音楽高校を経て同大学に進む。在学中にジャズピアニスト高瀬アキ氏のライブに参加し、アストル・ピアソラの音楽に出会う。

 

 卒業と同時に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団。10年間、多彩なプログラムと小澤征爾氏、ロストロポーヴィッチ氏などの音楽に大きな影響を受けた。在団中の2年は米国に留学をし、リサイタルや音楽祭参加などで研鑽を積んだ。

 

 退団後、ピアソラ曲集のCD『Cafe 1930』をロサンゼルスで録音、オペラシティリサイタルホールでCD発売コンサートを行い好評を博した。このCDを携え、ピアソラの親友でチェリストのホセ・ブラガート氏をブエノスアイレスに訪ねた。その時同氏からピアソラ音楽の薫陶を受け、多くの楽譜を戴き日本で紹介している。

 

 国内外のアーティストからの信頼も厚く、アンドレ・ギャニオン氏の日本公演、髙橋キヨシ氏のNYカーネギーホール公演、久石譲氏と9人のチェリストによるコンサートツアー(『a Wish to the Moon』というDVDが発売)、中村雅俊氏の40周年記念アルバム『ワスレナイ』に収録の“花は咲く”ではフィーチャーチェリストとして、また江原啓之氏やペギー葉山氏のリサイタルなどに参加している。

 

 自身2枚目のCD『いつかの美しい日のように』は、“ぶらあぼ”“レコード芸術”各紙より高い評価を得た。またハープの早川りさこ氏とのライブアルバム『The Song of the Heart』がハイレゾサラウンド音源でダウンロード販売された。

 2015年、作曲家でピアニストの中村由利子氏とユニット『Liberoba-リベロバ』を結成。CDリリース、コンサート活動をスタートした。また早川りさこ氏とのアルバム『Sound of the Sky』がハイレゾサラウンドとCDでリリースされた。

 2017年、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校(藝高)同級生4人によるチェロカルテット「超チェロ組」(菊地知也、渡邉辰紀、渡部玄一、植草ひろみ)のアルバム「超チェロ組」がハイレゾ・サラウンドとCDでリリースされた。
 10月にフランス・メイエ村にあるサンジュリアン教会にてコンサートを行い、村をイメージして書いた「メイエで君を待つ」というオリジナル曲が好評を得た。

 2018年3月3日全曲植草ひろみ自身の作曲による、CD「Dreaming」をリリース。
 6月にドブロブニク(クロアチア)で行われた「Le Petit Festival 2018」に参加。リサイタルやアーティストとのコラボレーションを行った。

 

 癒しと情熱を奏でるチェリストとしての演奏の他、ベジタブル&フルーツアドバイザーの資格も持ち、幅広い活動を展開している。


 オフィシャル・サイト:http://www.U1.sokei.co.jp/Hiromi/

このページのトップへ↑